ホームヘルパーについて

世間的に2025年問題が議論されるなか、介護職員の不足は社会的な問題になってきております。

とりわけホームヘルパーの成り手不足は介護職の中でも飛びぬけて高い状況です。

しかし、現在超高齢化、多死社会を迎える日本において政府が構築しようといている地域包括ケアシステムにおいて、

在宅の介護のエキスパートであるホームヘルパーは、ますます無くてはならない、しかも高レベルな人材が必要な職種になってきています。

きつい、きたない、危険、給料安い、といったマイナスイメージが付きまとう介護職ですが、

弊社で実際に働く職員は、全くそのような印象を持っておらず、毎日笑い、活き活きと仕事をしています。

それは、人間関係が良好であることはさることながら、処遇面での優遇、働きやすさ(女性や子育て世代への配慮)、自身の将来(キャリアアップ)を描けるといった社内の風土や伝統があるからです。

今後、ますます必要とされる分野で、腕を磨いて、地域になくてはならない輝く人材に育ってほしい、

それが私たちと一緒に働く人への弊社の想いです。

ホームヘルパーに興味を持った方、弊社に興味を持ってくれた方、資格、経験は問いません。

異業種からのチャレンジ、若い人のチャレンジ、ウェルカム!!

こんなに自分が成長出来て、楽しい仕事はないと

私たちは断言できます。

一緒に働ける日をたのしみにしています。

ヴィーナス ホームヘルパー現場職員兼人事担当 福田